工場

【工場勤務が辛い?】仕事を辞めたいけど辞められない人は○○で解決

 

・工場勤務が辛いから仕事を辞めても大丈夫かな?

・工場を辞めたいけど職場の都合で辞められないから、どうしたらいいか分からない...

考えてる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 工場勤務で退職代行を使った方がいい事例3点
  • 【本音】退職代行に嫌悪感を持つ必要がない理由
  • 工場勤務が辛いのに無理に仕事を続けるのはヤバい

 

この記事を書いてる人

 

 

今回は『工場勤務が辛いから仕事を辞めたいけど、職場の都合で辞められない』を解説します。

 

先に結論を言うと、退職代行を利用して辞めましょう。

 

というのも仕事を辞めたいけど辞めれずにダラダラ過ごすくらいなら速攻で辞めた方が時間が無駄にならないから。

 

本記事の後半では、退職代行に嫌悪感が持つ必要がないということを徹底解説しています。
ひかる

 

この記事を読めば、仕事を辞めさせてくれないときは速攻で退職代行を利用すれば工場勤務のストレスが一瞬で”0”になりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行を利用しよう

【結論】退職代行を利用しよう画像

 

工場を辞めたいけど下記のように考えて辞めにくいですよね。

 

  • 上司に退職を伝える勇気がない
  • 入社したばかりなのに退職を伝えたら怒られそう
  • 退職を伝えたら退職日までの人間関係が気まずくなりそう

 

というように仕事を辞めたい気持ちはあるけど、実際に退職の行動できるかどうかは別問題ですよね。

 

もちろん人によれば勇気を振り絞って退職を伝えれる人もいます。しかし退職の勇気が出ずに工場勤務を続けてる人は多いです。

 

結論、退職代行を利用しましょう。退職代行を利用すれば職場や人間関係と揉めなくストレスフリーな状態で工場を辞めれます。

 

近年では退職の悩みを抱えている人が多く悩んだ末、退職代行を利用する人が急増していますね。

 

特に若者を中心に20、30代が退職代行をよく利用している傾向です。
ひかる

 

もっと詳細を知りたい人は退職代行専門の別サイトを用意したので下記を参考にしてください。

 

 

工場勤務で退職代行を使った方がいい事例3点

工場勤務で退職代行を使った方がいい事例3点画像

 

工場勤務で退職代行を使った方がいい事例は以下のとおり。

 

工場勤務で退職代行を使った方がいい事例3点

  1. 上司が怖くて退職を言い出せない
  2. 人手不足により引き止められる
  3. 入社したばかりで退職しにくい

 

上から順番に解説していきます。

 

工場勤務で退職代行を使った方がいい事例①:上司が怖くて退職を言い出せない

 

工場勤務で退職代行を使った方がいい事例は、上司が怖くて退職を言い出せないです。

 

上司に退職を伝えると...?     

  • 怒られる  

  • パワハラを受ける  

  • 陰湿な嫌がらせを受ける

 

どのパターンかは上司によりますが、特に怒られるのが嫌で上司に退職を伝えれない人が多いはずです。

 

過去に辞めていった従業員の人がパワハラを受けていたこともあり、私も辞めようと思いましたが上司が怖くて退職を言い出せませんでした(苦笑)

 

上司に反応が怖くて退職を言えない人が多いので、どうしても無理なら退職代行を利用してサッと辞めましょう。

 

工場勤務で退職代行を使った方がいい事例②:人手不足により引き止められる

 

工場勤務で退職代行を使った方がいい事例は、人手不足により引き止められるです。

 

ぶっちゃけ人手不足になるのは職場の責任。退職していく人のせいにしないでほしいのが本音ですね。

 

なぜなら退職したいと思わせる職場の劣悪な環境に問題があるから、みんな仕事を辞めていくんです。気持ちよく働けるのなら誰も工場を辞めません。

 

とはいえ気持ちよく働ける環境でも仕事を辞める人はいます。ただ、そういう人は自分で上司に退職を伝えて辞めていくはずです。

 

しかし、あなたは退職代行を利用して辞めようか考えてるということは、今の工場に不満しかなく憤りを感じてるはずですよね。

 

普段から劣悪な環境で働かせて人手不足になる職場に見向きする必要はありません。もし人手不足で引き止められるようなら退職代行を利用しましょう。

 

そもそもですが人手不足になりがちな工場は安定性がなくブラック企業ですからね。
ひかる

 

人手不足は職場のせいです。なので人手不足で引き止められてストレスなら退職代行を利用するのが賢いですよ。

 

工場勤務で退職代行を使った方がいい事例③:入社したばかりで退職しにくい

 

工場勤務で退職代行を使った方がいい事例は、入社したばかりで退職しにくいです。

 

理由は入社してすぐ退職すると人間性を疑われるから。『あの子、仕事を舐めてる!』と陰口を言われたりします。

 

ぶっちゃけ入社してすぐ退職は、退職する方も悪いです。

 

しかし、あなたの工場を辞めたい気持ちもよく分かります。

 

なぜなら入社してみないと分からないことが意外とあるから。『人間関係が合わない』や『仕事が向いてない』など新入社員ならではの悩みがありますからね。

 

悩みを抱えてパフォーマンスが落ちるなら、入社したばかりとか関係なくサッと退職しましょう。

 

退職代行を利用すれば、働いてる従業員と揉めなくていいのでストレスなく仕事を辞めれて気持ちが楽ですよ。

 

実際に退職代行は入社したばかりの人が多い傾向がありますからね。
ひかる

 

入社したばかりで退職しにくいなら、人間関係で揉めない退職代行を利用しましょう。

 

退職代行を利用しない方がいい人の特徴2点

退職代行を利用しない方がいい人の特徴2点画像

 

退職代行を利用しない方がいい人の特徴は以下のとおり。

 

退職代行を利用しない方がいい人の特徴2点

  1. 自分で退職を上司に伝えれる人
  2. 退職代行を利用するのに嫌悪感がある人

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行を利用しない方がいい人の特徴①:自分で退職を上司に伝えれる人

 

退職代行を利用しない方がいい人の特徴は、自分で退職を上司に伝えれる人です。

 

なぜなら退職代行は退職を自分では言い出せない理由がある人などが使うサービスであり、その問題がないのなら利用価値がなくなるから。

 

たとえば自分で上司に退職の意思を伝えて『○○の理由で辞めたい!』ことをしっかり言えるのなら退職代行は必要ありません。

 

もし退職代行を利用しないなら...

 

退職代行を利用しなくても全然大丈夫です。

 

しかし次の転職先は決まっていますか?退職してから転職活動するなら『転職エージェント』が強い味方になってくれます。

 

転職エージェントを利用するのは『完全無料』なので、利用者に損することは1つもありませんよ。

 

転職エージェントが気になる方は下記の別記事を参考にしてくださいね。

 

人気記事【失敗しない】工場勤務向けおすすめ転職エージェントランキングTOP3を紹介

人気記事
【失敗しない】工場勤務向けおすすめ転職エージェントランキングTOP3を紹介アイキャッチ
【失敗しない】工場勤務向けおすすめ転職エージェントランキングTOP3を紹介

続きを見る

 

退職代行を利用しない方がいい人の特徴②:退職代行を利用するのに嫌悪感がある人

 

退職代行を利用しない方がいい人の特徴は、退職代行を利用するのに嫌悪感がある人です。詳細は以下のとおり。

 

退職代行に嫌悪感がある人の特徴3点     

  • 退職代行を利用したら急に辞めて円満退職できない  

  • 退職代行ってイメージが悪く何か怪しそう...  

  • 退職代行で本当に辞めれるの?

 

と、疑うのは無理ありません。一昔前までは退職代行なんてメジャーじゃなかったですからね。

 

もし退職代行を利用することで罪悪感があるのなら止めておきましょう。今後に支障が出るのでね。

 

しかし私は退職代行は真面なサービスと言えます。その詳細は次の見出しの内容から解説してるので最後までどうぞ。

 

【本音】退職代行に嫌悪感を持つ必要がない理由

【本音】退職代行に嫌悪感を持つ必要がない理由画像

 

本音を言えば、退職代行に嫌悪感を持つ必要がないと考えています。

 

理由は劣悪な環境で無理に働かせる職場の方が悪いからです。劣悪な環境で働かせていたら従業員は嫌になり退職代行を使いますからね。

 

もし職場側が退職代行で辞められたくないのなら、職場の環境を良くして従業員が気持ちよく働けるようにしたらいいだけ。

 

気持ちよく働けないのならストレスが溜まって、退職代行を利用して理不尽に辞められて当然です。

 

劣悪な環境で働かせられてるなら理不尽な辞め方をされても、お互い様なので文句は言えません。
ひかる

 

工場勤務が辛いのに無理に仕事を続けるのはヤバい

工場勤務が辛いのに無理に仕事を続けるのはヤバい画像

 

工場勤務が辛いのに無理に仕事を続けようとする人はヤバいです。

 

なぜなら病気(うつ病)に可能性があるから。人間にも限界があるので、もし工場勤務が辛すぎて限界突破したときに働けなくなります。

 

もちろん工場勤務を耐えることも大切。しかし自分の身体と相談しないと身体を壊して取り返しがつかなくなりますよ。

 

実際に仕事を頑張りすぎるがゆえ体調を崩して働けなくった大人が数多くいますからね。

 

あなたができることは1つだけ。それは工場勤務が辛くて限界なら、無理せずに退職代行を利用して辞めることです。

 

『普通に上司に退職を伝えて辞めた方が良くない?』と思う人がいますが、それは見当違いですね。

 

なぜなら工場勤務が辛すぎてメンタルがヤバいときこそ早く辞めた方がいいから。

 

上司と相談なんかしてたら『甘えるな!みんな嫌でも働いてるんじゃ!』なんて心無いことを言われてるので時間の無駄です。

 

退職代行を利用すれば即日退職が可能です。余計な人間関係でストレスを溜めないためにも速攻で工場を辞めて安静にするのが最優先ですよ。

 

実際に退職代行で即日退職して救われた人が山ほどいますからね。
ひかる

 

もし本気で退職代行の利用を考えてるなら下記のサイトを参考にしてみてください。

 

 

まとめ:工場勤務が辛いなら退職代行を利用しよう

まとめ:工場勤務が辛いなら退職代行を利用しよう画像

 

今回は『【工場勤務が辛い?】仕事を辞めたいけど辞められない人は○○で解決』を解説しました。

 

結論、退職代行を利用して辞めましょう。

 

というのも仕事を辞めたいけど辞めれずにダラダラ過ごすくらいなら速攻で辞めた方が時間が無駄にならないから。

 

実際に近年では退職の悩みを抱えている人が多く悩んだ末、退職代行を利用する人が急増していますね。

 

特に若者を中心に20、30代が退職代行をよく利用している傾向です。
ひかる

 

退職代行に賛否両論ありますが、実際に利用して気持ちがスッキリするのは間違いないので退職代行を利用する価値はあるということを覚えておきましょう。

 

最後に工場を辞めて次のステップに踏みたい方は下記の別記事を参考にしてみてくださいね。

 

 

今回は以上です。

 

-工場
-