製造業の給料は安いのか?【給料が安い・高い条件も3点ずつ解説】アイキャッチ

工場

製造業の給料は安いのか?【給料が安い・高い条件も3点ずつ解説】

 

・製造業の給料は安いのかな?

・製造業の給料が安い条件と高い条件を知りたいけど分からない...

考えてる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 製造業の給料が安い条件とは?【3点解説】
  • 製造業の給料が高い条件とは?【3点解説】
  • もし製造業の給料が安いので困ってるなら...

 

この記事を書いてる人

 

 

今回は『製造業の給料は安いのか』を解説します。

 

先に結論を言えば、製造業の給料が安いかどうかは職場によります。

 

というのも職場によって業績や方針が違うので、給料の安い高いが判断できないからです。

 

本記事の後半では、製造業の給料が安かったときの対処法も解説してるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、自分の勤めてる製造業(工場)の給料が安ければ今後どうしたらいいか分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】製造業の給料が安いかは職場による

【結論】製造業の給料が安いかは職場による画像

 

冒頭でも伝えたとおり、製造業の給料が安いかは職場によります。

 

というのも職場によって業績や方針が違うので、給料の安い高いが判断できないからです。

 

大企業で業績が良ければボーナスの額も大きいだろうし、業績がイマイチであればボーナスカットされるので職場によりけりですね。

 

製造業で給料を多く貰いたいなら業績がいいところに転職しましょう。
ひかる

 

食品工場は給料が安い

 

製造業のなかでも食品工場は給料が安く設定されています。

 

なぜなら食品工場はライン作業がメインの単純作業なので、誰でもできる仕事なぶん給料が安くなるから。

 

続きの詳細は『食品工場の給料は安いのか?【給料を上げるのは現実的じゃない】』の別記事を参考にしてください。

 

製造業の給料が安い条件とは?【3点解説】

製造業の給料が安い条件とは?【3点解説】画像

 

製造業の給料が安い条件とは以下のとおり。

 

製造業の給料が安い条件とは?【3点解説】

  1. ライン作業がメイン
  2. 業績が落ちている職場
  3. 非正規として働いてる

 

上から順番に解説していきます。

 

製造業の給料が安い条件とは?①:ライン作業がメイン

 

製造業の給料が安い条件とは、ライン作業がメインです。

 

ライン作業だと給料を安く買い叩かれます。なぜなら単純作業ばかりで昇給の評価がしにくいから。

 

誰でもできる仕事というのは給料が安いので、そのゆえライン作業は底辺と言われますね。

 

続きは下記の別記事を参考にしてください。

 

 

製造業の給料が安い条件とは?②:業績が落ちている職場

 

製造業の給料が安い条件とは、業績が落ちている職場です。

 

理由は単純に業績が落ちていたら従業員に給料を多く与えられないから。

 

それに業績が落ちている職場は給料が安いだけでなく、倒産するリスクもあると知っておきましょう。

 

倒産してから行動するのではなく、前もって給料が高い職場に転職するのもアリです。

 

業績が悪い製造業(工場)はブラック企業になりやすいですよ。
ひかる

 

製造業の給料が安い条件とは?③:非正規として働いてる

 

製造業の給料が安い条件とは、非正規として働いてるです。

 

非正規とはバイトやパート、派遣などです。非正規ではなく正社員になるだけで給料が全然変わるので頑張る価値はあります。

 

正社員になると税金も軽減されるので得ですよ。
ひかる

 

派遣はヤバい!

 

非正規として働くにしても派遣の製造業(工場)は止めておきましょう。

 

ぶっちゃけ派遣で工場で働くのは最悪です。工場の従業員からの捨て駒感が半端なく雑に扱われますからね。

 

詳細については『派遣先の工場は最悪なのか?【派遣の人が職場に来た体験談も紹介】』の別記事を参考にしてください。

 

製造業の給料が高い条件とは?【3点解説】

製造業の給料が高い条件とは?【3点解説】画像

 

製造業の給料が高い条件とは以下のとおり。

 

製造業の給料が高い条件とは?【3点解説】

  1. 専門的な知識の仕事
  2. 大手の工場に勤めてる
  3. 正社員であるのが前提

 

上から順番に解説していきます。

 

製造業の給料が高い条件とは?①:専門的な知識の仕事

 

製造業の給料が高い条件とは、専門的な知識の仕事です。

 

専門的な知識というのは医者や弁護士など他の人ができない仕事のこと。希少性がある仕事は価値があるので給料が高いです。

 

反対に誰でもできる仕事は替えが利くので価値がなく、給料が安く設定されていますね。

 

難易度が高い資格や権利を持っていれば年収は1千万超えます。
ひかる

 

もし給料を上げたいのなら資格取得すれば差別化されるので、職場によれば資格手当で給料を上げれますよ。

 

製造業の給料が高い条件とは?②:大手の工場に勤めてる

 

製造業の給料が高い条件とは、大手の工場に勤めてるです。

 

大手の工場は儲かってるからこそ規模を拡大できています。そのため名のある大手のト○タなどに勤めれば人生勝ち組です。

 

もちろん大手に入社するのは難しいですが、100%無理なことはないので挑戦しがいがあります。

 

実際に高卒でも大手の工場勤務をできるので自分は無理だと諦めないようにしよう。
ひかる

 

製造業の給料が高い条件とは?③:正社員であるのが前提

 

製造業の給料が高い条件とは、正社員であるのが前提です。

 

なぜなら正社員でないと満額のボーナスを貰えないから。非正規だと急にリストラをされて不安定ですからね。

 

始めは契約社員として入社するのもアリです。ただし後に正社員になれる保証がないと働く意味がありません。

 

正社員は楽なのか?

 

正社員になれば確かに給料が高くなります。

 

しかし正社員になる代わりに責任が圧し掛かり、給料は上がったけど仕事がキツくて耐えられない人が多いです。

 

倒れると本末転倒になるので、正社員のなかにも当たりハズレがあると知っておこう。

 

 

もし製造業の給料が安いので困ってるなら...

もし製造業の給料が安いので困ってるなら...画像

 

もし製造業として働き給料が安いので困ってるのなら下記をチェックしてみよう。

 

  • 残業する
  • 正社員になる
  • 出世のために頑張る
  • 資格取得して差別化
  • 賃金(給料)上げてもらう交渉をする

 

というように給料を安いときには上記のような対処で悩みを解決できます。

 

現実は甘くない...

 

しかし現実は甘くないですよね。

 

なぜなら上記の5点を行動できるかと言われればできないから。たとえば賃金交渉をしたら職場から嫌われてしまいますから。

 

残業して給料を上乗せする方法もありますが、そのぶん疲労が溜まって生活に支障が出ますしね。

 

では、どうしたら製造業として給料を上げれるのか。詳しくは下記のとおり。

 

転職するのが一番手っ取り早い

 

結論、給料を上げたいのなら転職しましょう。

 

転職することで一瞬で給料を上げれます。めちゃくちゃコスパよく給料を上げれるので、世の中の人は転職して給料を上げる人が多いです。

 

それに給料の他に仕事内容にも不満があれば転職して解決できるので1石2鳥ですよ。

 

もちろん『自分には転職は難しい...』という意見も分かります。そんな人は次の見出しの内容を参考にして転職を成功させて下さいね。

 

【大暴露】工場を辞めて転職活動をスムーズに進める方法とは?

【大暴露】工場を辞めて転職活動をスムーズに進める方法とは?画像

 

『工場を辞めて転職を考えてるけどイマイチ行動に移せないし、どうすればいいか分からない...』と考えていませんか?

 

結論、転職エージェントを利用すれば転職活動をスムーズに進めれます。

 

メモ

転職エージェントとは、転職を検討している方と採用を考えている企業の間に立って、転職成功を支援するサービス。

求人動向や転職ノウハウに長けているキャリアアドバイザーが、求職者の転職活動をサポートすること。

 

一昔前まではハローワークに通い求人を探すのが一般的でしたが、近年では転職エージェントを利用して転職活動をする人が急増しています。

 

転職希望者に大人気の転職エージェントは誰もが聞き馴染みのある『リクルートエージェント』『マイナビエージェント』が王道ですね。

 

どこの転職エージェントが良いか分からない人は『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』を選べば失敗しません。
ひかる

 

近年では誰もが1回は転職するのが当たり前なので、『工場がキツいけど続ける...』なんてことは時代遅れだと思っておきましょう。

 

なにせ転職エージェントは"無料"で転職活動をサポートしてくれ、自分にとっての損は一つもないので利用しないともったいないですよ。

 

本気で工場勤務から転職を望んでる人は下記の別記事を参考にして自分に合う転職エージェントを探してみてくださいね。

 

人気記事【失敗しない】工場勤務向けおすすめ転職エージェントランキングTOP3を紹介

人気記事
【失敗しない】工場勤務向けおすすめ転職エージェントランキングTOP3を紹介アイキャッチ
【失敗しない】工場勤務向けおすすめ転職エージェントランキングTOP3を紹介

続きを見る

 

【裏ワザ】工場を辞めたいけど辞められない人は○○を利用しよう

【裏ワザ】工場を辞めたいけど辞められない人は○○を利用しよう画像

 

注意ポイント

この見出し内では工場勤務を辞めたいけど辞められない人向けになっています。

自分に当てはまっていない方は、この見出し内に記載している内容はスルーしてください。

 

工場勤務を辞めたいけど下記のように考えて転職に対して消極的になってる人がいます。

 

  • 上司が怖くて退職を言い出しにくい
  • 工場の人手不足で退職を引き止められる
  • 入社したばかりで退職しにくい空気感がある

 

上記のように転職活動をしたいけど退職できずに悩んでいて無駄な時間を過ごしてる人が多いです。

 

結論、退職代行の利用してサッと辞めましょう。

 

退職代行を利用すれば退職できない悩みを解消することができるので、無駄な時間を過ごさずに済み、すぐに転職活動に取り掛かれますよ。

 

私も過去に工場勤務をしていましたが、人間関係の揉め合いが頻繁に起きており退職を手こずった過去があるので、あなたにはそんな経験をしてほしくありません。

 

それに労働者にも退職する権利があるのにも関わらず、上司が何かしら理由をつけて退職をさせないようにするのは悪質極まりないです。

 

そのため退職代行を利用することに罪悪感を持つ必要がないと理解しておきましょう。

 

実際に工場を辞めれない悩みから退職代行を利用する人が近年では急増している背景がありますよ。
ひかる

 

もし退職代行の利用を考えてるのであれば、一度下記の別記事を参考にしてくださいね。

 

人気記事【工場勤務が辛い?】仕事を辞めたいけど辞められない人は○○で解決

人気記事
【工場勤務が辛い?】仕事を辞めたいけど辞められない人は○○で解決

続きを見る

 

まとめ:製造業の給料は安いので働くべきではない

まとめ:製造業の給料は安いので働くべきではない画像

 

今回は『製造業の給料は安いのか?【給料が安い・高い条件も3点ずつ解説】』を解説しました。

 

結論、製造業の給料が安いかどうかは職場によります。

 

なぜなら職場によって業績や方針が違うので、給料の安い高いが判断できないからです。

 

もし、あなたが働いてる製造業(工場)の給料が安いのであれば転職した方がいいですね。

 

業績が上向きの大企業の工場に勤めれば安泰なので、町工場みたいなところで働かないようにしよう。

 

給料が安くて不満なら転職エージェントに無料相談をしてみれば間違いありません。
ひかる

 

最後に工場を辞めて次のステップに踏みたい方は下記の別記事を参考にしてみてくださいね。

 

転職活動をスムーズに進めるには?

人気記事【失敗しない】工場勤務向けおすすめ転職エージェントランキングTOP3を紹介

人気記事
【失敗しない】工場勤務向けおすすめ転職エージェントランキングTOP3を紹介アイキャッチ
【失敗しない】工場勤務向けおすすめ転職エージェントランキングTOP3を紹介

続きを見る

 

工場を辞めたいけど辞められない人は?

人気記事【工場勤務が辛い?】仕事を辞めたいけど辞められない人は○○で解決

人気記事
【工場勤務が辛い?】仕事を辞めたいけど辞められない人は○○で解決

続きを見る

 

今回は以上です。

 

-工場
-